歯科用CTガイド 広島県安全性

ct 広島

歯科用CTを活用するとより安全な診断が可能です/広島県三原市

キーワード > 歯科用CT

歯科用CTの安全性(X線被爆量)


   
                     ヨシダ finecubeの資料です                        


歯科用CTの特徴は、エックス線の被爆量が少ないのに画像が鮮明なことです
そして、情報量が圧倒的に多くて、診断の精度が確実にアップします

私たちは生きて生活している限り自然に宇宙からの放射線を浴びております
これを自然被爆といいますが、この自然被爆が年間世界平均で2.4ミリシーベルト
日本平均で約1.5ミリシーベルトです

ブラジルのガラバリ市では10ミリシーベルトの自然放射線が観測されるそうですが
ガラバリの住民に特別健康に問題があ るというデータはありません
また、東京からニューヨークまで飛行機に乗るたびに、0.19ミリシーベルトの
放射線を浴びていますが、パイロットやスチュワーデスのガン発生率が高いという
報告はないようです


自然被爆は2.4ミリシーベルト/年間と説明しましたが
3D eXam iは1回あたり0.03ミリシーベルト です
つまり、約80回撮影すると自然被爆量に相当します
またお口全体を撮影するパノラマレントゲンが1枚
約0.03〜0.04ミリシーベル トなのでパノラマ1枚分ほぼ同じです
通常歯科医院で撮影する歯科用の小さいレントゲンが
約0.016ミリシーベルトなので3D eXam i1枚分がデンタル写真約2枚分です。

ところで医科用のCTで撮影した場合が0.6から0.9ミリシーベルトなので
3D eXam iは20分の一以下の被曝線量ですむことになり ます。

ですから歯科用CTの被爆量は医科用に比較してものすごく線量が少ないので
それほど心配いりません
中でも、3D eXam iは特に線量の少ない機種です

広島県三原市